2018-10-11

【ユーキャン実用ボールペン字通信講座】2冊目終了したけど文字変化は感じられない成長記録

書き姿勢

今年のお盆(8月中旬)から始めたユーキャンの実用ボールペン字通信講座。

先日2冊目が終了しましたので、本日は文字変化の記録と気付いたことのレポートです。

※注意点※

私が使っているボールペン字講座は、数年前に妹が購入したものです。完遂できずじまいのまっさらなドリルが放置されていたので、私が代わりに練習しています。

添削可能期間は過ぎていますので、赤ペン先生も付いておらず自己完結で行っています。ドリルの内容は現在と違うかもしれませんのでレビューとして読む人はご注意ください。

 

ユーキャンの実用ボールペン字通信講座「第三巻・おつきあいの手紙2」が終わりました

進むペースは1日1.5ページくらい、20日で一冊終了

ユーキャン実用ボールペン字講座

1冊目は完了までに一か月かかりましたが、2冊目はちょっとだけスピードアップ。20日で一冊終えることができました。

2冊目が早かった理由は、1冊目で練習した類字(偏・旁とか)が多々あったこと、手本注意書きは流す程度で大丈夫だったこと、筆圧を弱めにしたことです。

1冊目は、お手本を観察しながら注意書きを読んで、のんびり丁寧に筆圧強め(硬筆コンテストばり)で書いていたのです。腕が痛くなるせいで筆が進まない、っていう課題がちょっぴり改善できました。

 

練習帳2冊を終えた文字の変化は?

ユーキャン実用ボールペン字通信講座第三巻おつきあいの手紙2

肝心の字の変化ですが、残念ながら上達は感じられません。

自分の字があまり好きじゃないから練習しているのだけど、ボールペン字講座を始める前とあまり変わらない気がします。

40年のクセがドリル2冊ばかしで矯正されるミラクルは、やっぱり起こらないですね。

わずかに…?上達してる…か…?目を細めてジィっと確認しますと、1ミリほどの変化が発見できたので良しとします。

 

練習をしていて気づいたこと

書き姿勢

美文字の特徴を知ってコツコツ練習することは必要なんだろうけど、書く姿勢も重要ポイントなのでしょうね。

わたしはいつも、こたつテーブルにノートを置いて正座で書いていました。

テーブルが高いせいで、わずかに肩が持ち上がってしまう書き姿勢に違和感があったので、ダイニングテーブルとキッズ用の椅子(座面が高いむすめ用)に変えてみたら書きやすさが違うんですよ。腕も痛くないし、肩と首がラクチン!

書き方以前に、基本姿勢が大事ーーってことに気付けた2冊目でした。

 

ユーキャン実用ボールペン字講座、成長記録と感想のまとめ

▼一冊目はボールペンの種類によって書きやすさが違うことに気が付いた!っていう記録です。

ユーキャンの実用ボールペン字通信講座をはじめて一か月、一冊終了したので成長記録と感じたことなど

▼ボールペン字講座が一番はかどったのは停電した日です。テレビ、スマホ、パソコンがないとお勉強がはかどるのですね。

【防災メモ】台風21号の影響で約30時間の停電、やったこと&あると助かったもの

Instagram@sugisaku.s
2018-10-11 | Posted in 近ごろのスギサクNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー