2017-11-22

ギフトボックスを手作りしたいなら「ピローボックス」がおすすめ。ハガキをつかった超簡単な作り方

ピローボックス手作りおりがみ

実家に帰った先日、こういう(↑)ギフトボックスを見つけたんですよ。

もしかして自分で作れるんじゃないかな?と、折り紙で試作してみたら、予想通り簡単にできてしまいました。

アクセサリーなんかの小さい雑貨をラッピングするのにちょうど良さそう。もうすぐクリスマスだし、ハンドメイド作家さんも、特別仕様のラッピングが増えるのではないかしら?ということで作り方&アレンジ方法を紹介。

ところで、この箱の名称って知っていますか?

私は知らなくて、今日のブログタイトルを付けるために調べてみたんですけど「ピローボックス」というらしいです。

 

はがきでオリジナルのピローボックス作ってみよう

ピローボックス手作りおりがみ

ピローボックスを試作するさい、私はまず折り紙を使いました。(↑)手前のは100均ダイソーで購入した「千代紙風おりがみ」とかなんとかだったと思います。

かんたんに綺麗、かつ短時間で作れましたが、おりがみなのでふにゃふにゃで、油断するとぺしゃんこになります。強度が弱いです。

だから「アクセサリーなどの販売商品をラッピングして安全に届ける」目的には、あまり適していないと思われます。(中にプチプチとか入れたら商品を守ることは出来ると思います)

うーん、強度がある程度あって、簡単に手作りできる身近な素材……

で、思いついたのが「ハガキ」でございます。

ギフトボックス箱はがきで手作り

ハガキにもいろいろ種類があるので完璧ではないと思いますが、オリガミより強度はあるし、ブランドロゴや好みの柄を印刷できるし、自由度も高くアレンジも楽しめます。

そんなわけで作り方が以下。

IMG_5010

はがきの端に1㎝の折り目をつける。

IMG_5011

この折り目はのりしろにするため、端っこを斜めにカット。

IMG_5012

のりしろに両面テープを貼る。

IMG_5014

筒状になるようテープを貼りあわせる。

IMG_5015

両面テープの丸いカーブなどを利用して、ヘラで折り目となるスジを付ける。

IMG_5016

角を丸くハサミでカットする。

IMG_5017

裏側もヘラで折り目を付けておくと、折り曲げやすい。

IMG_5018

スジに沿って折る。

IMG_5019

マスキングテープやリボンで装飾。完成。

 

イラストはがきで作ったラッピングアレンジ

ギフトボックス可愛いはがきで自作ラッピングアイデア

あと、可愛すぎて使うのがもったいなかった頂き物の、竹久夢二さんの「ねこづくし」ポストカードでも作ってみたら、めちゃくちゃ素敵になりました。

用事も友達もいないのに、誰かに贈り物をしたくなります。

ポストカードって使用頻度が低いわりに、好みを見つけたらつい買っちゃったり、お土産やおまけでいただくことがあるので、タンスの肥やし復活アイデアとしても、よろしいのではないでしょうか。

 

<よく読まれているエントリー>
キャラメル包みの基本と最低限覚えておくべきラッピングのマナー

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー