2018-11-26

【刺繍の練習】刺し子の花ふきん第一作目が完成したので初心者目線の感想をお届けします

刺し子,花ふきん,紗綾型,手作り

刺繍の練習になるかな?とはじめた「刺し子の花ふきん」が、やっとこさ完成しました。

毎日少しずつ縫い進めること10日。はじめてにしてはいい感じに出来て超満足、刺し子楽しーい!

本日は、初心者目線の手作り花ふきんレポートをお届けします!

 

手作り花ふきん第一作目の下地は、リネンを使いました

第一作目の手作りの花ふきんに使った下地はリネンです。

参考本には「木綿のさらしを使う」とあったのですが、私の今の趣味は不用品をリメイクすることなので、写真のワンピースから、ふきんサイズを切り出しました。

このワンピースは、手芸のスギサクが販売しているリネンワンピースの試作品です。

新しいワンピース、第2弾めを作っています

試作品を作ってくださったヒラハラさん(↑)が、「試作品は差し上げますよ。煮るなり焼くなり好きにしてください。」というメッセージを添えて私に届けてくださったので、ありがたく蒸し焼きにさせていただきました。

リネン生地カット

 

下絵はチャコペンではなく、ボールペンで描きました

刺し子ふきん下絵図案

ふきんサイズに切り出した後は、生地を縫いつなぎ、アイロンをかけ、下絵(図案)を描きます。

刺繍の下絵ってふつうはチャコペンで描くと思うのですが、というか本にもそう書いてあるのですが、わたしはボールペンで描いちゃいました。

チャコペンだと縫っている途中でどんどん消えていくし、今回は練習だし、ボールペン跡が消えなくてもいっか、と思って。

ボールペンだと細字で下絵が描けたうえ、最後まで消えず、ストレスフリーで刺せました。

 

一日1~2時間の作業を約10日で、一枚のふきんが完成しました

刺し子花ふきん完成

作業は子どもが寝た後の夜中、1~2時間ほどをコツコツ、毎日じゃないけどほぼ毎日行いました。

すべて刺し終わった後は、洗って干してアイロンを当てて仕上げるのですが、洗った段階で下絵のボールペン跡が完全に消えました。わーいラッキー♪

刺し子ふきんアップ下絵ボールペン跡なし

ふきんを作り始めた日が11月14日で、終えたのが24日。

約10日で一枚完成って、わりとコスパの悪いふきんですよね。大事に使おうと思います。

このふきんが引き出しいっぱいに並んだ姿を想像しながら、次の図案に取り掛かろうっと。

刺し子,花ふきん,紗綾型,手作り

 

刺し子の関連エントリー

▼刺し子をはじめたときの日記がこちらです。

刺し子のおすすめ本「嫁入り道具の花ふきん教室」

▼お手本は「嫁入り道具の花ふきん教室」です。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー