手芸のスギサク

手芸・洋裁に関するアイテムの使い方、感想、考え方の記録。子育て・片付けの事もたまに。

家族からの「アレどこ?」が劇的に減る片付けのヒント「余計なことは何ひとつしていません。」

「余計なことは何ひとつしていません。」この本めちゃくちゃ良かったです。

著者の水谷妙子さんの考え方、わたしとても好きです。

余計なことはしたくない、すっきり過ごしたい、家族が自分で片づけられる部屋作りをしたい。

な人にはおすすめできるかも。

暮らしが快適になるヒントが詰め込まれています。

わたしの目から鱗がボロボロ落ちまくったNo.1アイデアは、収納ケースの引き出しを抜いてしまうこと。

まったくなかった発想だったので、なんて柔軟なアイデア!!と唸りました。

そっか!!抜いちゃえばいいんですよね。

収納ケースごと買い替えなくていい、ラベリングも不要、中見えるもん。

まさに!「余計なことは何ひとつしていない。」

引き出し,整理整頓,収納ケース,文房具

わが家の文房具の収納ケース、一段飛ばしで引き出しを抜いから2か月ほど経過しましたが。

家族から「アレどこ?」の質問が劇的に減りました。

とくに夫からの。

引き出しが埋まっているときは、しょっちゅう質問されてたんですよね。

ラベリングまでしていたのに!

余計なことしてたな~~~。