手芸のスギサク

手芸・洋裁に関するアイテムの使い方、感想、考え方の記録。子育て・片付けの事もたまに。

「以前と同じ色を作りたい」画像編集作業で覚えておくべきカラーピッカーの使い方

ブログやウエブサイト製作で「昔作ったバナーと同じ色で、新たなバナーを作りたい」ってことないでしょうか。 こんな時「カラーピッカー」が便利です。

 

スポイトマークがカラーピッカー

ご自身が使っている画像編集ソフトで、「スポイトマーク」を探してみてください。 例えばペイントだったら、スポイトマークにカーソル当てると「色の選択」という表示が出てきます。 これカラーピッカ―のことです。

ペイントのカラーピッカ

編集作業にある程度慣れてる方だったら、なんとなく使い方分かると思いますが、パソコン苦手さんは以下をご覧ください。 と言ってもワンツースリーで終了!の簡単な作業です。

 

カラーピッカーの使い方

私がいつも使っている無料の画像処理ソフト・フォトスケープで、カラーピッカーの使い方を解説します。

1)以前作ったバナーをあらかじめ表示させ(黄色いバナーのこと)スポイトマークをクリック。 カラーピッカの使い方1

 

2)作りたい色の上でクリックすると、カラーパレットに同じ色が出てくる。 カラーピッカの使い方2

 

3)色の追加をして、その後の編集作業で使えるようにしておく。 カラーピッカの使い方3

以上がカラーピッカーの使い方。 あっという間に同じ色が出来てしまいました。 これで、以前作ったバナーと全く同じ色で、新しいバナーなど作れます。

 

たまにある「私が使ってる画像処理ソフトのカラーピッカーってどこにあるの?色の追加ってどうすんの?」的な質問は分かりかねますので、ネット検索で情報さがしてくださいませー。

<関連するエントリー>