2017-10-31

おりがみで作るコウモリ、ハロウィンのお菓子ラッピングアイデア

Halloweenハロウィンラッピングアイデア折り紙コウモリ

本日10月31日は、ハロウィンだそうで。

この日記は夜9時の予約投稿。あと3時間で今日も終わりだというのにハロウィンの話題とは、どう考えても時遅し。

そこで手芸のスギサクでは、「来年の準備がどこよりも早い」という前向きな解釈で、ハロウィンのラッピングアイデアを載せますね。

 

折り紙でコウモリを作って、中にお菓子を入れる

IMG_4738

先日、図書館で紙芝居と一緒に、おりがみの本も借りたんですよ。

関連:紙芝居の枠、作れちゃった~100円均一・ダイソーアイテム編

借りた本のP30、31に「羽根つき紙風船の作り方」が載っていまして、黒いおりがみを使えばコウモリになるんじゃない?と。

 

 

やってみたらコウモリっぽくなった、で、基本が紙ふうせんで中が空洞だから、お菓子も詰められるんじゃない?と。

IMG_4757

棒つきキャンディーを入れて、

IMG_4758

紙ふうせんのコウモリを折る。

IMG_4759

空気を入れて、

IMG_4760

はねの部分をハサミでギザギザにカットしてみたり、

IMG_4738

丸いシールに油性ペンで目を描いて、紙風船コウモリに貼ったら完成。

Halloweenハロウィンラッピングアイデア折り紙コウモリ

目は三角のほうが良かったかな?歯抜けみたいな口も描いたほうが良いかな?それはかぼちゃかな?

 

いろいろ失敗したよ

とまあ、いかにも簡単であるかのように紹介しましたが、いろいろ失敗しました。

IMG_4761

【失敗1】一番最後、ふうせんの形に膨らますとき、焦ったり、荒々しく行うと破れます。

IMG_4760

【失敗2】和風柄の黒い折り紙だと、ハロウィンじゃなくて「忍び」っぽくなります。

IMG_4739

【失敗3】ペーパーナプキンで作れば、でーっかいコウモリが作れるんじゃない?お菓子も沢山詰められるんじゃない!?とやってみたら、

IMG_7563

めちゃくちゃデカくてキモいのが出来てしまいました。

■ ■ ■

せっかく思いついたラッピング案、忘れてしまったらもったいないと備忘録しましたが、来年の私はこのアイデアをありがたく利用するのでしょうか。

まさにブログのタイムカプセルやで〜。(お弁当の宝石箱やで〜やったっけ?彦摩呂さんの決めセリフ風。)

 

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー