手芸のスギサク

手芸・洋裁に関するアイテムの使い方、感想、考え方の記録。子育て・片付けの事もたまに。

特大ダンボールの再利用方法~3歳息子お手製ダンボール・カー(車)

手作りダンボールカー外観

こたつ布団を新調したら、大きめの浅型ダンボールに入って届きまして。

いつものAmazon箱とは違う特別仕様に、わが家のダンボール大好き男子がおおはしゃぎ。

ごろごろ寝っ転がったり、おもちゃを入れて隠れ家風にしてみたり、最大限に活用してくれているので、熱が冷めたころに畳んで捨てようと放っておいたら、いつの間にか車になっていました。

 

3歳男子がダンボールで車を自作したら、こうなった

手作りダンボールカー外観

おい息子よ、これのどこが車なんだい?

凝り固まった大人視点では、ヨレヨレのダンボールにしか見えませんでしたが、息子曰く、

手作りダンボールカー内装2

こちらの破れた箇所が「ドア」だそうです。

私が気付いたときには、すでに自分で折り目を付けて扉のように開閉していました。閉めるときは「バンッ!」という効果音も忘れません。

もっと頑丈になるようガムテープを貼ってくれと頼まれたので、母(私)が補修を担当しました。

ダンボールカーインテリア

内装はこのようになっています。

運転席は、自分がいつも座っている、メイドイン西松屋のパイプ椅子を設置。

それ以外は、インテリアのつもりなのか?囲い込み精神なのか?目についたものを、手あたり次第に投げ入れているため、足の踏み場がありません。

写真ではこれでもマシに写っていまして、底には小さいおもちゃがうじゃうじゃあります。0歳10ヶ月の妹に、しきりに乗れ乗れと誘うので、私が毛布を敷いてあげました。(その上からまたクッションとか抱っこひもを投げ入れていますが)

ダンボールカー手作り内装

ハンドル、ダッシュボード部分は、お気に入りのおもちゃ音と光のでる絵本を使用。

ずり落ちないようにしてくれ、と息子に命じられた通り、母がガムテープで貼り付けています。

平日の午前中は、外出するのが日課になっているスギサク家。毎朝「今日はどこ行く?」「早く行こうよ!」と、しつこくせかす息子が「おでかけしない。家にいる。」と頑なに拒否。自作の車が気に入りすぎて離れたくないんだそうな。

しばらくこのダンボールは捨てられそうにないし、外装カスタムを手伝う気になっているワテであります。