2020-09-09

【着用画像あり】参観日、お堅くない法事などセミ・セミフォーマルなシーンで活用できるネイビーのワンピースを作りました

ワンピース,ハンドメイド,セミフォーマル,ネイビー,Aライン

こんにちは、スギサクです。洋裁趣味歴2年の者です。

こちらは昨年のちょうど今ごろ作ったワンピース。

むすめが今通っている幼稚園の入園面接のために用意した一枚です。

むすこの時は未体験の面接にドキドキ。

セミフォーマルな服は持っていなかったので、礼服+ツイードジャケットで挑みました。

そのとき、カジュアルな面接(こどもの顔見せと親子の雰囲気をみている感じ)だと分かったので、セミ・セミフォーマルくらいの洋服が欲しかったのです。

むすめの面接以降は、わたしの「いざという時に着る服」になっています。

義実家への訪問、こどもの参観日、家族でお出掛けなどに重宝している一枚です。

セミ・セミフォーマルなシーンに活用できるワンピースを手作りしました!

使った生地はAPUHOUSEさんの「綿60アイディールローン」、カラーはネイビーです。

この生地すごく良いです!

ふわふわで軽い! 仕立て映えします!

ゆるふわなブラウス、ギャザーいっぱいのロングスカート、スローブのような軽い羽織なんかに合うと思います。

唯一の難点は、ブラックの取り扱いがないことです。残念でなりません~~ブラックが欲しい!

生地自体は薄手ですが、初心者の私でもトラブルなく縫えました。

透け感もありますが、スカート部分にはたっぷり布を使っているので一枚でも心配ありません。

春は靴下やレギンス、夏は1枚で、秋冬はカーディガン+タイツ&インナースカートで対応できました。

ってくらい通年で使えるワンピース。

作った自分を褒めます。ありがとう私。

着用画像,ハンドメイド,ロングワンピース

着用画像も撮りました。(毎度トランポリンから失礼しております)

キメキメポーズは意図したわけではありません。

横からのラインを写そうと斜めに構えたら、こうなっちゃいました。ちょっと恥ずかしい。

スカートの両脇にはシームポケットも装備されております。

パターンの参考書は2冊「ずっと好きな服」と「TOWNのパターンアレンジでつくる大人服」

ワンピース,ハンドメイド,セミフォーマル,ネイビー,Aライン

上半身の使用パターンは『TOWNのパターンアレンジでつくる大人服』の「きほんのブラウス」です。

前身頃のスラッシュあきを、後ろに変更しています。

スカートは『ずっと好きな服。』の表紙に掲載されているペプラム部分を参考にしました。

このマゼンタピンクのペプラムブラウスもすっごく可愛い。

欲しいのですが、ワードローブにパンツがないので合わせる服がありません。

作りたい欲をぐっと我慢しています。

私に似合う服(凹凸のない細身体型、骨格診断ならナチュラル)が分かってきました

このワンピースを作ったことで、洋服の似合う似合わないが、すこし分かってきました。

自分の事ってむずかしいですよね…

デザインは、ボディラインを拾わないボリュームのある服が合うみたいです。

薄く平たい凹凸のない体型だから、全身のボディラインを拾うとまるでマッチ棒です。

トップスかボトムス、どちらかにボリュームが必要です。

それと「褪せる」「萎える」とダメなことが判明。

洗いざらしのくたくた感、生地が育ってきた状態が進行すると、とたんに似合わなくなります。

5歳いっきに老ける(涙)

1年間、定期的にお世話になったワンピース、ところどころ色褪せてきました。

くたびれ感はありませんが、褪せてきたことで「セミ・セミフォーマル」じゃなくて「普段着」のオーラが出はじめてる…

今年の秋冬春は普段着として着倒します。

そして来年こそはブラックで作る!

関連エントリー

むすこの入園面接&入園式、むすめの入園式は、このスタイルで行きました。

このスタイルが私、なかなか似合わないんですよね(涙)

体型&顔立ちに華がないから、ベーシックなスタイルだと寂しいオーラが出ます。

入学、卒業式でも対応できるワンピースを作れるようになることが目標です。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー