2015-11-19

しいたけ、マヨネーズ、チーズで一品完成!手抜き料理へのあくなき探求

シイタケマヨネーズチーズ調理前

たこ焼きのようでたこ焼きじゃない画像からこんにちは、スギサクです。
夕飯作りって、どんだけでも手抜きしたいですね。

とはいえ、食卓を預かる主婦として、家族にインスタントばかり食べさせるわけにもいきません。
しかし、夕飯作りにかける時間をすこしでも、自分の仕事、趣味、やりたいことに回したい。

そこで私は日々「手抜きに見えない手抜き料理」を追求しておるわけですが、中でも手ごたえを感じているのが、しいたけのマヨチーズ焼きです。

作り方を載せるのが申し訳ないほど簡単なのですが、「ザ・手抜き料理」ならではのこだわりポイントもお伝えしたいので、お料理ブログっぽく紹介させてください。

 

 

しいたけマヨチーズ焼きを、手抜き料理と感じさせない2つのコツ

しいたけマヨチーズ作り方

まず、見てのとおりなんですけど、
しいたけのいしづきを取って、チーズ、マヨネーズ、パセリの順でふりかけます。

「パセリはなくてもオッケーですよ~♪お好みで(^_-)-☆」
とか優しく書いてあげたいところですが、パセリは絶対に乗せてください。

この料理のポイントはパセリなのです。

なぜなら、パセリをふりかけることで手抜きに見えなくなるからです。
ですので、家になかったら買ってきてくださいね。

チーズがないからマヨネーズだけでもいいですか?オッケーですよ。
カロリーが気になるからチーズだけでもいいですか?オッケーですよ。
パセリがないから振りかけなくてもいいですか?絶対ダメです。

パセリが売り切れだった、どうしても無い、という場合は一味でも良いです。
今、書きながらひらめいたのですが、小口切りのネギでもいいんじゃないかなって思いました。

手抜きに見えない手抜き料理のコツ、1つめはパセリです。

 

 

シイタケトースター

あとはオーブントースターに入れて焼けば、いわゆる完成なのですが、ここでもはずせない手抜きポイントがあります。

シイタケが乗っている物に注目してください。
これは耐熱皿です。

アルミホイルとか使ってもいいんですけど、それだと盛り付けの際、手間が増えるんですね。
それにたった5分ほど、しいたけを焼く為だけにアルミホイル使うなんて、もったいないです。

仮に、アルミホイルを使わず、シイタケを直接トースターの網の上に乗せて、ゴミの無駄をなくしたとしても、焼きあがったとき、一個お箸でつまんでお皿に乗せて、また一個お箸でつまんで・・・この作業が面倒すぎます。

また、トースターの網から、溶け出したチーズやマヨネーズが下に落ちる可能性が出てきます。
そうなると、トースターの掃除という仕事が一つ増えてしまいます。

こうなってしまうと、せっかくの手抜き料理が台無しですよね。

ですので必ず、下ごしらえと盛り付けが、ひとつのお皿で片付く耐熱皿を使って、掃除の手間も省いてください。

手抜きに見えない手抜き料理のコツ、2つめは耐熱皿です。

 

 

そんなことを書いていると、焼けてきました。

シイタケマヨネーズチーズ

ほら、見てください。
チーズとマヨネーズが溶け出しているでしょう。

網の上に直接しいたけを乗せていたなら、確実に掃除しないといけないところでした。
耐熱皿のおかげでセーフです。

シイタケマヨチーズ

はい、完成。
しいたけ+マヨネーズ+チーズ+パセリ+耐熱皿で、手抜きなのに手抜きっぽくない夕飯のおかず、見事に一品出来上がりました。
味が薄いと感じた人は、これに醤油でも垂らしてください。

しいたけマヨチーズ焼きを作ったことがある人は、きっと分かってくれると思うんですけど、これ取り合いになりますよね。
家族が多い人は、たくさん焼いてください。

また、その美味しさのあまり「しいたけ嫌い~」と言っていた人が、予想外にいっぱい食べやがる場合があるんですけど、そういう時って、しいたけの美味しさを分かってもらえた嬉しさと、自分の分まで食べられた悔しさが混在して、複雑な気持ちになってしまいます。
ですので、たくさん焼いてくださいね。

 

手芸のスギサクでは、効率の良く仕事を行うための環境作りについても、日々研究しております。
皆さまの素晴らしい知恵、工夫、情報もお待ちしております!

 

炊飯器で時短クッキングは、家事ずぼらしたい主婦必見テクニック!
飯の支度をズボラしたい!時短料理本「ポリ袋漬けのすすめ」を絶賛研究中
【時短レシピ】茶碗蒸し~主婦の自由時間を確保するための探求

 

2015-11-19 | Posted in 雑記No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー