2017-12-14

3歳息子と製作中のダンボールの軽トラに自転車用ライトを設置した結果

ダンボールの車軽トラ

三歳息子と製作中のダンボールカー。おもちゃのネジでドアを設置したら、軽トラらしくなってきました。

このドアは、スポーツカーのように上にスライドして開くタイプ。このドアタイプの正式名称ってガルウイングじゃなくて、シザードア(シザーズドア)とか呼ぶらしいですね。

ダンボールの車ガルウイング・シザードア

ダンボールで車を作っているだけなのに、雑学まで得られてラッキー。息子にも教えてあげなければ。

ダンボールの車に自転車用ライト設置

ドアの他にもうひとつ進展、ライトを設置してあげました。

これは自転車用のヘッドライトで、工具不要で取り付けられます。

夫が使っていたものですが、自転車自体を捨ててしまったので、不用品として家に転がっていたのでした。それを私が蘇らせてみました。

ダンボールカー(車のおもちゃ)ダッシュボード

(↑)の写真は前回ブログで紹介した時の状態。このときはまだライトが付いていません。

夜遊ぶとき、部屋のライトだけだとダッシュボードが暗く操作ボタンが見えづらいだろう、の親心から付けたのですが、車を愛してやまない3歳息子にとっては本格仕様なカスタマイズ!予想以上に喜びました。

このライト、ボタンワンプッシュでライトが点灯、ツープッシュでチカチカ点滅、長押しで消灯します。

この変化がたいへん気に入ったようで、付けたり消したり付けたり消したり…延々繰り返したあげく、つけっぱなしで違う遊びをするものだから、「バッテリーが上がってエンジンかからなくなるよ。」と注意したところ、即座に消しにいきました。

はっきりとした意味は分かっていないと思いますが、本能で「つけっぱなしにしておくと車がヤバい」の認識があるようです。

 

前回のお話:ダンボール工作、貼り付け作業はガムテープより太めのマスキングテープがGood

2017-12-14 | Posted in 手作りおもちゃNo Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー