2019-04-15

似合わない洋服をリメイク~カシュクールワンピをギャザースカートに作り替えました

リネンワンピースブルー,カシュクールワンピ,スカーフ,今日のコーデ
(アウターとして羽織らせているカシュクールワンピースをリメイクしました)

おこんにちは、リメイクがライフワークのスギサクです。今回はカシュクールワンピースをリメイクしました。

カシュクールワンピースって軽い羽織ものとしても使えるから活用度が高そう。 ステキに着こなしている人にも憧れるわあ 。

っていう動機で購入したこちらの洋服。痩せ型で身体の厚みが薄い私には、着こなしが難しいアイテムだったようです。

痩せ型の身体の厚みが薄いわたしにカシュクールワンピースが似合わない理由

一枚で着るとすごく貧相に見えてしまうんですよね。

深いVラインにより薄い胸囲が強調される、ラップスタイルのウエスト紐は貧弱な胴囲とお尻に引っかからず、ずり落ちてしまって胴長に見える。コンプレックスがことごとく悪目立ちしている気がして。

上の写真のようなレイヤードスタイルや、ウールのタートルネックをインナーに着たり、ローゲージのざっくりニットを重ね着したり、いわゆる「着ぶくれ」をすると良いかんじなのですが、予定していた活用頻度ではないなー、もったいないなー。

えーいリメイクしちゃおう!ということで、ギャザースカートに作り変えましたんです。

リネン素材のカシュクールワンピースをサスペンダー付きのギャザースカートにリメイクしました!

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート

胴、腰回りが薄い私は、ボリュームのあるロングのギャザースカートとかプリーツスカートが似合ってると思うんです。たぶん。

とくにハリがなくなってきた40歳からは、気太りしているときのほうが感じよく見えるので、ギャザースカートに作り替えました。

両サイドに付いていたシームポケット(↓)をそのまま再利用したかったので、

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート、シームポケット
(もともと付いていたシームポケットはそのまま再利用)

カシュクールワンピースの特徴であるラップスタイルがスカート部分に残っています。

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート、ラップ部分
(前スカートは生地が2枚重なっています)

ウエストはゴムじゃないので、ファスナーとボタンであきを作っています。

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート、後ろ姿

この、縫い目が見えないコンシールファスナー付けのレポートは前回の日記で。

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート

で、目を凝らしてみないと分かりづらいですが、実は細いサスペンダー紐が付いてるんですよ。

スカート作りの参考にさせてもらったこちらの本「アトリエナルセの服」には、太いサスペンダー紐が付いていたのですが、41歳のわたしには子供っぽすぎるかな?と、細い紐にしてみました。

リメイク,カシュクールワンピースからギャザースカート着用画像

とか言いつつ写真のコーディネート、思いっきり子供っぽいですが。

いやね、言い訳じゃないんですけどネイビーのロングカーディガンを羽織っていたのですが、スカートの写真を撮るために脱いだのですよ。それにしても靴が子供っぽいですが。

サスペンダー紐が目立たずウエスト位置が調整できるので気に入っています。(腰骨が張っていない体型なのでベルトで調整しづらいのです)

もう少し暖かくなったら、ピタッとしたTシャツに薄いカーディガンで対応できるので、ちょっとは大人っぽくなると思われます。

カシュクールワンピースのリメイク関連エントリー

シーツ再利用方法,不用品活用

実はこのリメイク、最初はキャミソール型ワンピースに作り替えようとしていたんです。身頃のラップ部分を再利用できるかなと思って。

下手なりにもパターンを引いて、簡単な試作品を作ってみたら、まるっきり似合わない…!!!

という経緯で今回のギャザースカートになりました。完成後は週に3日の活用頻度なので、今回のリメイクは大成功です。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー