2019-03-18

【不用品活用術】捨てるシーツで手作り服の試作品を縫う(トワルチェック)

古くなったシーツ再利用方法,手作り服の試作品作り

こんにちは、不用品を活用しながら断捨離しているスギサクです。

中途半端に縫いあがった花柄のワンピース。こちらは捨てたかったシーツで作った試作品です。

シーチングで作った仮アイテムをトルソーに着せて、完成イメージと照らし合わせながら修正を行う作業を、洋裁用語では「トワルチェック」だとか言うそうで、洋裁初心者スギサクもそれらしきことを真似てみました。

いままで作った2着のワンピースは、ほぼぶっつけ本番だったのですね。 試作品用の布をわざわざ買うってコストかかるわあ、なんてもったいぶって、早く完成が見たい気持ちもあるし。

でもだめですね、ぶっつけ本番。ダメってことないですが、私には合っていないことが判明したです。

「やった出来た!」→「着る」→「いい感じかな、るんるん」→「1日着て過ごす」→「不満が出る」→「修正したい」ってパターンに陥るので逆にコスパが悪いという。

捨てたいシーツで試作品を作るんだったら、コストかからず修正し放題、ほうだいってことはないけど気兼ねなくできるし、断捨離もできるし無駄なし、ぜーんぶハッピー!

じゃないかしら?ってことでやってみたわけなんです。

本番用の生地はすこし張りのあるリネンなので、くたびれたシーツとは厚みも質感も全然違うのですが、イメージは掴みやすくなったし、なによりなにより!試着できるのがいいです。

このデザイン、着てみるとさっぱり似合っていないんですもん。ぶっつけ本番していたら間違いなく無駄になっていました。

よし、やり直すかぁ~。急がば回れってこういうことなのねぇ~しみじみ。

(つづく)

【関連エントリー】今まで作ったワンピース2着の不満箇所

▼1着目に作ったワンピースがこちら。1日着てすごすと、首回り、特に後ろが大きく開いていることに気が付きました。修正したいけど初心者スギサク、どこをどう直せばいいのかさっぱり分かりません。とほほ~~

▼こちらのワンピース、縫製はわりとうまく出来たと思うんです。がデザインが私に似合っていないという…しくしく。こぎれいなお母さん目指して失敗した、みたいな感じに見えて仕方がないです。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー