2017-08-29

100均のロウソクで布の蝋引き加工にチャレンジしたけど失敗したよ

100均ロウソクで蝋引き加工失敗

この布、濡れているのではありません。蝋引き(ロウびき)加工に失敗しました。

蝋引き加工とは、熱で溶かしたロウを、布に染み込ませる加工のこと。

ワックスペーパーってあるじゃないですか、油を吸ったような透け感のあるオシャレな紙。あれの布バージョンを作ろうとして失敗したんです。

 

 

蝋引き加工に興味がある人は「蝋引き加工、ロー引き加工、ロウ引き加工」などで検索を。成功例がいろいろヒットしますので、当サイトからは失敗例を挙げさせていただきます。

私はこの本を参考に行いました。

 

 

IMG_3339

蝋引き加工するにあたって用意した材料は、家にあった100均のロウソクと、プラスチックのヘラみたいなもの、クッキングシート、アイロン。

まず、ヘラでロウソクを小さめに削ります。

IMG_3345

削ったロウソクのかけらを、二つ折りにしたクッキングシートの上に置いてサンドし、アイロンの熱(弱でオッケー)で、ロウソクを溶かします。

クッキングシートの間に布を挟んで、アイロンをかけながら溶かしたロウを吸い込ませます。

工程を簡単に説明すると以上、とっても簡単。

なのに失敗した原因は「クッキングシートが小さすぎたこと」だと思います。

布を蝋引き加工してみよう!思い立ったらすぐに実行、ってことで夜中にこの作業を行いまして。

ロウを削った次の工程、クッキングシートをケースから引き出すと、30㎝ほどしか残っていなかった…

 

 

二つ折りにした小さなクッキングシートでは、布をうまくサンドできず、このように、まだらになっちまいました。

100均ロウソクで蝋引き加工失敗

私は布に直接加工を加えようとしましたが、完成品に直接加工する方法もあるみたいだし、またチャレンジしようと思います。

 


<続編>

失敗した蝋引き布は捨てるのももったいないので、そのまま試作品に使用しました。 → 三つ折りのカジュアルな母子手帳ケース

母子手帳ケース製作中です母子手帳ケースの製作過程・カンタンまとめを読む >>

 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー