2019-03-23

【リメイクの子供服】無印良品のメンズLサイズシャツを110サイズのキッズ用シャツに作り替える

ハンドメイド子供服,ベーシックなチェックシャツ

おこんにちは、断捨離を兼ねたリメイクに勤しんでいる者です。今日もまたスギサク家の不用品が救済されております。

夫のシャツを子ども用に作り替えました。どうだどうだ、どうでい奥さん、立派な出来栄えじゃないですか!

もとは無印良品のベーシックなシャツでした。ねえねえねえ、そろそろ捨てる服あるんじゃない?と夫に催促して出してくれたのが、チェック柄のシャツでした。

元の写真を撮り忘れたので、似たアイテムと比較をしますとこんな感じです。

無印良品のメンズシャツをリメイク、子供用のベーシックシャツに作り替えました!

大人メンズLサイズシャツ,キッズ用110サイズシャツ,サイズ比較

無印良品のメンズLサイズシャツの上に、今回作ったキッズ用110サイズシャツを重ねてみました。半分くらいになってますね~。

むすめっ子用のスカートも作れたら兄妹でお揃いコーデができるなーと思っていたのですが、 私の技術で2着生み出すのは無理でした。

一応、使えそうなパーツは積極的に活用したんだけど。ざんねん。というか欲張りすぎですかね。

カフスはすこしお直ししたものの、ほぼそのまま使えたんですよ。ボタンホール開け&接着芯を貼る手間が省けました。

ボタン&ボタンホールが付いた前身ごろも、まるっと再利用した・・・かったのですが完璧には無理でした。

というのも、日焼けっていうのかな?色褪せが気になって。表と裏、比較すると色が違ったのですよ。

メンズLサイズシャツ,キッズ用110サイズのシャツにリメイク

写真撮ってみましたが… 分かりづらいですね。赤く囲んでいるところが表面で最も色褪せていた箇所です。

衣類が日焼けすることは理解していましたが、裏面とあまりにも違うのでビックリしました。

リメイクを始めるまでは、まじまじと衣類をチェックすることはなかったので新しい発見です。衣類を美しく保つためには裏返して干す、これって超有効ワザだったんですね。

というわけで、このチェックシャツは「もともとが裏」を「表」にしております。

なので再利用した「前立て部分」は逆なんです。

大人シャツリメイク,子供服に

ボタンホール側の身頃にボタンを付けて、ボタン側の身頃に、新たにボタンホールを開けました。

アウターのように羽織るともとのボタンホールが見えてしまうので、ボタンを留めて着ることが大前提のシャツです。

大丈夫、むすこはシャツの第一ボタンまで留める主義なので問題ありません。

が、開けた状態も美しく作りたかった~~くぅ~~~!!次回頑張ろう。

リメイクシャツを着た4歳むすこの反応

コックさん風ブラウス着用画像

このシャツの着用画像はまだ撮っていませんが、着せるとピッタリでした!そしてすごくかわいい!

この写真は、前回作ったコックさんブラウスの着用画像です。すみません、また撮れたら紹介します。

コックさんブラウスはすごく気に入ってくれたみたいで、1日置きに(洗濯サイクル)着てくれています。

今までは、母の技術的問題でむすめの服ばっかり作っていたから、うれしいのかも?

いや、単純にコレしか着るものがないからか?

103㎝のむすこ、100サイズは小さいし110サイズは大きいしで、ジャストサイズがなかったんですよね。

好きな服しか着ないむすこのマストアイテムは、シャツとスキニーパンツ。トレーナーとか買ってあげても自主的に着てくれないので、困っておったのです。ジャストサイズが2着できて母は嬉しい。

とはいえ2着だとギリギリなので、幼稚園が春休み中にトップスをもう一着作りたいです。

(結局むすこの気持ちはわからない)

ベーシックなシャツ作りに初挑戦した感想

それにしてもシャツを作るのって大変なんですね~。

パーツが多い分、パターンを切る取ることから時間がかかったし、はじめましてな作業工程にもたくさん出会いました。

そんなわけで初挑戦のシャツ作りにかかった日数は4日。

洋裁本の付録パターンを写して、切り取った1日目。布を裁断して縫い始めたのが2日目。3日目にカフス、衿を付けて、4日目にボタンホールとボタン付け。

この手間を考えると、コスパ的には既製品に軍配があがります。無印だったら2000円くらいで素晴らしい商品が買えますもんね。

わたくしの場合は「断捨離」「節約」「ゴミ削減」「暇つぶし」「ブログのネタ」「いつか自分用のシャツワンピースを作りたくなった時のために練習」っていう目的があるので、むしろコスパの良い遊びとなっております。

ハンドメイド子供服,ベーシックなチェックシャツ

シャツ作りの参考書と関連エントリー

▼ベーシックなシャツはこちらのパターンを利用しました。この本の充実ぶり、素晴らしいです。

▼本の感想はこちらに書いています。

▼チャレンジ第一作目は「コックさん風ブラウス」です。

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー