2018-04-17

「その後を追記」ナイロン素材のアウターにワッペンを付ける場合は、超強力両面テープが便利

※2018年4月17日 追記
両面テープで貼り付けたワッペンは洗濯で取れちゃったのか?取れなかったのか?記事の最後に、その後をレポートしました。


ナイロン素材のジャケットにワッペンを付けた

ユニクロで購入した3歳息子用のナイロン素材のアウター。

通っているプレ幼稚園に同じアウターの子がいるかもしれないので、家に余っているワッペンを付けることにしました。そこで疑問が。

手持ちのワッペンはアイロン接着タイプなのだけど、ナイロン素材にアイロンって可能なの?

アウターの洗濯表示を確認すると「アイロンNG」のマーク。となると手縫いか、布用ボンドか、両面テープ?

そのくらいしか思いつかない母は、布用の両面テープを使ってみましたので、接着の様子をレポートします。

 

水洗いOKの超強力両面接着テープでワッペンを付けてみた

IMG_5164

ユニクロのナイロン素材アウター、100サイズ。洗濯表示マークではこの通りアイロンNGとなっています。

IMG_5168

ネット検索で調べると「縫うしかないよね」が有力情報。でも縫うのは面倒だなー、失敗して穴が開いたら中のわたが出てきそうだし。

「当て布をして低温でアイロン当てれば大丈夫なんじゃない?でも失敗しても責任は取らないよ。」この情報も自信がない。

よし両面テープでやっちゃおう。ということでわたしが使用したのは水洗いOKの超強力両面接着テープ

IMG_5167

パッケージには「アイロンでさらに接着が強まる」と書かれていますが今回は無理なので、以下の要領で行いました。

IMG_5165

ワッペンの裏に両面テープを貼って、

IMG_5166

ワッペンからはみ出たシールをきれいにカットして、

ナイロン素材のアウターに両面テープでワッペンを付ける

ジャケットにぺったんこ。以上これだけ。

剥がれてくるとしたら、角や足先の隅っこからだと思うので、ここらへんは丁寧にシールを貼って、ぎゅうぎゅうと体重をかけてワッペンを押し当てました。

はやい!かんたん!わーい!

と、今のところは剥がれそうな気配はないけど、洗濯したらどうかな?

もし剥がれてきたら、何回目くらいの洗濯で…など経過をあらためて報告したいと思います。

 

両面テープで貼り付けたワッペン、洗濯したら取れない?

【2018年4月17日追記】衣替えをしましたので、衣装ケースにしまい込む前にワッペンのその後をレポートします。

両面テープで貼り付けたワッペンは、洗濯で取れちゃったのか?取れなかったのか?

ナイロンアウターに両面テープでワッペンを付ける

結果はぜんぜん取れませんでした。この冬なんども洗濯しましたが、写真の通り、しっかりくっついたままです。

ユニクロナイロンアウター

むしろアウター、袖口の内側縫い目が裂け破れてしまいました。

あと、ナイロン製のアウターではないですが、息子の幼稚園グッズ名前付けの際にも両面テープが役立ちましたよ。

幼稚園名前付けスニーカーの場合

「下駄箱に入れたときに見えるよう、スニーカーの後ろに名前を書いてください」と指導されたので、ゼッケン用の布をスニーカーサイズに切って両面テープで付けました。

という感じ。わが家ではなんやかんやと使えているのでした。

2018-04-17 | Posted in 道具・工具No Comments » 

手芸のスギサク・手作り品のゆるPR部は、休日出掛ける予定なし、家で独り背中丸めて手芸に没頭する女性を応援したがるサイトです。

作家さんとコラボで長く愛される商品開発をすることを、目標としています。

関連するエントリー