手芸のスギサク

手芸・洋裁が上手になりたい人のメモ。片づけ・子育て・料理の事もたまに。

【クロスステッチ用品】100均ダイソー刺繍布とLECIEN抜きキャンパスの違い

LECIEN 抜きキャンパス44目No.544

抜きキャンパスが届きました。

「抜きキャンパス」とはクロスステッチ用の下地です。この下地を使うと好きな布の好きな場所に刺繍できます。

わたしは子供用のエプロンに魚の刺繍がしたいのです、こんな感じで(↓)

キッズエプロンに魚ワッペン

エプロンの上に仮置きしているワッペンは失敗作です。

クロスステッチの事前調査不十分なまま材料を買っちゃったんです。

刺し終えたところで用途違いの刺繍布を買ってしまったことに気が付いた残念な経緯は、こちらを読んでくださいまし。

・ ・ ▼

https://sugisaku-s.com/cross-stitch-181009

・ ・ ▼

というわけで「抜きキャンパス」とやらを購入しました。

ダイソーの刺繍布の目地は11カウントでしたので、同じ11カウントの抜きキャンパスを購入しています。

LECIENの抜きキャンパスでは、11カウントを「44目/10㎝」と表示していました。初心者のわたしにとっては、LECIENの表示方法が分かりやすくて好きです。

というのも抜きキャンパスは、サイズが数種類あるのです。

11カウントより小さいモチーフに仕上げたいときは、44目より大きな目数を、

大きなモチーフに仕上げたいときは、目数の少ない抜きキャンパスを選べばいいってことですよね。(たぶん)

 

LECIEN抜きキャンパスと100均ダイソー刺繍布を比較してみました

抜きキャンパスと刺繍布の違い

さてLECIENの抜きキャンパス開封して、100均ダイソーの刺繍布と比較してみました。

左が「抜きキャンパス」、右が「刺繍布」です。

もう見た目が全然違います。抜きキャンパスってスカスカで薄手なのですね。刺繍布は目が詰まっていて厚みもあります。

けどどちらもノリがパリッ!と効いています。そっか、このノリのおかげでクロスステッチのまっすぐなラインが出せるのですね。気が利くな~

抜きキャンパスを仮止め

というわけで、エプロンに魚モチーフを刺繍したい私は、抜きキャンパスを適度なサイズにカットして仮止めしました。

キッズエプロンに魚ワッペン よし!完成予定図はこんな感じ!(つづく)

 

クロスステッチ関連エントリー

▼余った100均ダイソーの刺繍布は、フレーム仕立てのワッペン用に使おうと思います。

https://sugisaku-s.com/cross-stitch-181010

ダイソーの刺繍布と刺繍糸の感想です。刺繍糸はメーカー品と比べるとすこし劣る気がしました。

https://sugisaku-s.com/daiso-181005